才能の食べ方

雑記の才能について。

デビュー作が最初で最後の作品になった小説家たち

「人生は最初で最後の物語だ」と、どこかの作家が言っていました。その人生で小説家としてデビューしたけれど、デビュー作が最初で最後の作品になった小説家たちがいます。 「デビュー作が最初で最後になった小説家」の条件はこうです。10年以上も2作品目を…

下ネタな名前の人たち

パチンコ、チンチン電車、万華鏡、ウルトラマンコスモス、忍たま乱太郎など、下ネタを連想しがちな言葉はたくさんありますよね?ね? それらの言葉は、すでにいろんな人たちに知られていて、頭の中が中学二年生で止まったままの僕のような男からみれば、序の…

Syrup16g好きの先生の話

先生がSyrup16g好きであることを知ったのは、実はGRAPEVINEがきっかけだ。僕がIT・WEB系の専門学生だった頃。学習成果発表会という場で、自分の作ったサイトを先生や同期の前で発表した。 その時に、僕は架空のバンドのHPを作った。そのバンドのCDデザインを…

起業家志望と縁を切った話

起業家志望と縁を切った。彼とは専門学校の先輩と後輩の関係。彼が先輩で、僕が後輩だった。将来的に、彼が社長で、僕が副社長になることを目標にしていた。僕は彼にビジネスパートナーとして組む際に「一点集中でやっていこう」と約束していた。つい最近、…