まとめ

変態教師キャラたち

現代社会には先生なのにも関わらず性犯罪を犯したヒトがたくさんいます。 例えば、1千2百人にも及ぶフィリピン人を売春しまくっていた校長先生。生徒に躾と称し首輪をつけて授業を行っていた塾講師。生徒との性行為をネット配信し多額の広告収入を生んだ家庭…

エロゲライターが原作を書いたマンガたち

エロゲライターとは、性行為に至るまでの過程、行為中の展開、行為後のソレなどを考え抜き、それを物語として成立させる人たちのことです。そんなエッチなことばかり考えまくる人たちが書いたエロゲ以外の物語、興味ありませんか?ありますよね?(僕は、す…

漫画原作者、井龍一について

あなたは、多才な漫画原作者・井龍一(いりゅう はじめ)先生を知っていますか? 今回は、彼についてまとめてみました。 ー 目次 ー 井龍一wiki風プロフィール 初月刊連載作品『蹴児 ケリンジ』(作画:千田純生) 月刊連載二作目『サマー・ソルト・ターン』…

覆面作家を辞めた漫画原作者たち

あなたは「覆面作家(覆面漫画原作者)」という言葉をご存じですか? wikipediaには、その言葉についてこう記されています。 素性やプロフィールをほとんど明らかにしない作家のこと。 逆を言えば、正体を明かさないことが、覆面作家(覆面漫画原作者)とな…

Twitterアカウントを60個持つ女と120個持つ男の話

あなたは、Twitterアカウントを何個持っているだろうか。ネットの噂によれば、Twitterユーザーのアカウント所持数の平均は3個らしい。実社会用のアカウント、ネット社会用のアカウント、情報収集用のアカウントなど、使い分けはさまざまだろう。ネット社会に…

Syrup16gをガチで体内に取り込む方法

もし僕が患者にUCCガムシロップを売るとしたならば「生活の薬、入りませんか?」という切り口で話し始めるだろう。 きこえるかい?この記事は、一部の患者の間で噂されているSyrup16gを体内に取り込む方法を知らせたいと思う。ぜひ服用してRebornしてくださ…

漫画賞に16回落ちた話

僕は漫画賞に16回落ちた経験がある。 ー 目次 ー 1つ目:始めて書いた作品『イロズ』 2つ目:血迷った作品『異能の国のペ〇ス』 3つ目:これはいけると思った作品『すみませんが、デスゲームを始めます。』 最後に 漫画賞と言っても、ネーム原作賞。ネーム原…

デビュー作が最初で最後の作品になった小説家たち

「人生は最初で最後の物語だ」と、どこかの作家が言っていました。その人生で小説家としてデビューしたけれど、デビュー作が最初で最後の作品になった小説家たちがいます。 「デビュー作が最初で最後になった小説家」の条件はこうです。10年以上も2作品目を…

下ネタな名前の人たち

パチンコ、チンチン電車、万華鏡、ウルトラマンコスモス、忍たま乱太郎など、下ネタを連想しがちな言葉はたくさんありますよね?ね? それらの言葉は、すでにいろんな人たちに知られていて、頭の中が中学二年生で止まったままの僕のような男からみれば、序の…