漫画賞に16回落ちた話

僕は漫画賞に16回落ちた経験がある。

f:id:abilityeater:20190729021200p:plain

ー 目次 ー

 

漫画賞と言っても、ネーム原作賞。

漫画をペン入れせずに絵コンテ(漫画の下書きみたいなもの)で応募できるタイプの賞に16回落ちている。

ちなみに、僕が書いていたネームはこんな感じ。

f:id:abilityeater:20190729052932j:plain


僕は、絵がメチャクチャ下手だ。

だから、ストーリー重視で評価してくれるネーム原作賞に出していた。

ジャンルは、主に「ホラー・サスペンス」を描いた。

naverまとめで、そのジャンルの漫画をまとめるくらいに大好きだった。

今、僕は22歳だから2~4年前の話になる。僕は18歳から20歳にかけての2年間で16作品描いた。

月刊少年マガジン、GAMNA!、ネーム大賞に投稿していた。月刊少年マガジンが主軸だった。その理由は、落選しても編集長から感想文が貰えたから

この記事は、その編集長から頂いた感想文を元に、18歳~20歳にかけて僕がどんな物語を作っていたのか3つほど晒していく。

 

1つ目:始めて書いた作品『イロズ』

f:id:abilityeater:20190729023124p:plain

1作品目。当時、18歳と1カ月。

僕はブック太田というAV監督みたいなペンネームにしていた。

レモンハート中島のような「カタカナ+漢字」という組み合わせが、なんか好きだった。

『イロズ』のプロット(ストーリーの要約)はこんな感じ。

男子高校生二人(一人は赤峰。もう一人は青山)が行きつけの喫茶店で自作のダイスゲームをプレイ中。

突然に入店してきた頭にタイツを被った警察官が、青山を銃殺しようとするが、失敗。

警察官は逮捕される。

しかし、彼は赤峰が青山を殺すために雇った統合失調症の警察官だった。

後日、その事件があった喫茶店に行き、ヒロイン・黄倉と組み、自作のダイスゲームをしながら、赤峰は自分の手で青山を殺害。

赤峰と黄倉が青山を殺害する動機はなく、「ただ青山が死ぬ顔を見てみたかった。それも大好きなダイスゲームをしながら死ぬ様を」という興味本位だったというオチ。

編集長のご指摘通り、とってつけた感じのラストだったと思う。

ちなみに、自作のダイスゲームはこんな感じ。

f:id:abilityeater:20190729024451p:plain

文字だけで見るとルールはこう。

●色賽(しきさい)
①じゃんけんをする。(二人で行う)
②じゃんけんに勝利した方が、三原色(赤、青、黄)の中から一色を選ぶ。
③じゃんけんに勝利した方が、サイコロを振る。
④じゃんけんに敗北した方が、出た目の数だけ②で選んだ色のものを答える。
⑤じゃんけんに敗北した方が、それを10秒以内に答えられない場合、負けとする。
⑥勝敗が決まるまで①~⑤を繰り返す。

当時18歳の僕が作ったオリジナルダイスゲームだ。

サイコロがあれば、実際に遊べるので、ぜひプレイしてみてほしい。
 

2つ目:血迷った作品『異能の国のペ〇ス』

f:id:abilityeater:20190729033020p:plain

10作品目。当時、18歳と3カ月。

これはやばかった。(語彙力)

プロットはこんな感じ。

異能力者が独自国家を作ろうとする。

真っ白い閉鎖空間で、その異能を無作為に一般人に与えた神と「異能者を見つけるための異能」を与えられた18歳高校中退の主人公が、回想を交えながら二人だけで会話。

主人公は記憶を失くし、真っ白い部屋の中央にある十字架を模した椅子に磔にされ、神から拷問に合っている。

なぜ拷問に合っているのか分からない主人公は、拷問に合いながら現実世界で犯した自分の罪を思い出す。

実は、主人公は、現実世界にいるすべての異能者を集めれば、神というポジションを与えられるのにも関わらず、幼い頃から抱えていた自分の特殊性癖を満たすために「異能力者を見つけるための異能」を使っていた。

例えば、氷の能力を持っている異能者の女性を探し、言葉巧みにパコりに誘う。

氷の能力を女性自身に使わせ、パコり後に「ヒヤヒヤに冷えた膣にぶち込んだったwwww」と発言する。

他にも闇の能力者、透明の能力者とパコり、「異能パッコパコ」を堪能。

その行為は罪でしかないと神は主人公に諭すが、反省の色を見せなかった。

本来使うべき用途で異能を使わなかった罪で主人公は処刑される。

最後に主人公が発した言葉は「逝ぐぅぅぅぅ」だった。

男性に幻滅した神は、女性の主人公を探し始めるというオチ。

うん。ひどすぎる...。

どの出版社も受け付けないであろう話を、月刊少年マガジンという純粋な少年誌に出し、当然のように落ちた。

編集長は「構成だけは巧みだ」と18歳の僕に教えてくれた。

3つ目:これはいけると思った作品『すみませんが、デスゲームを始めます。』

f:id:abilityeater:20190729040041p:plain

16作品目。 当時、20歳と1カ月。

ペンネームが本姓のマツウラになっている。

AV監督は諦めたらしい。

『すみませんが、デスゲームを始めます。』は編集長が感想を書いてくれた通りのあらすじ。

既存のデスゲーム漫画を逆説的に捉えて、プレイヤー側ではなく運営側を描いた。

そのアイデアは褒められたが、キャラクターが弱いと指摘された。

主人公のキャラ造詣をもっと深彫りすれば受賞に至っていたかもしれない。

後日に『父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ』というデスゲーム運営側の漫画が出てきて、しかも僕が描いたものより面白くて、泣いた。

f:id:abilityeater:20190729041739j:plain

 
全2巻でまとまっているので、おすすめだ。


最後に

僕はまだネーム原作で受賞することを諦めていない。

物語を作らなくなってから、もう2年が経とうとしている。

この2年間でアイデアもそれなりに溜まった。

キャラクターの重要さも、多分に分かってきた....と思う。

次こそは、受賞に繋げたい。

僕の戦いはまだ始まったばかりだ!(いや、打ち切り定番文句...。)

あ、これが16回落ちたという証拠。

月刊少年マガジン14回落選。
(※一部、まだ使えるアイデアがあるので加工済み)

f:id:abilityeater:20190729052559p:plain

GANMA!黄金のネーム大賞1回落選。

f:id:abilityeater:20190729053242j:plain

 

第8回ネーム大賞審査辞退。

f:id:abilityeater:20190729053641p:plain

第9回ネーム大賞落選1回。

f:id:abilityeater:20190729053403p:plain


晒して何になるの?

って感じだが、晒すことで才能がない僕と決別することが出来ると思う。

以上。

ここまで読んでくれて、ありがとう。