覆面作家を辞めた漫画原作者たち

あなたは「覆面作家(覆面漫画原作者)」という言葉をご存じですか?

f:id:abilityeater:20191112181619p:plain


wikipediaには、その言葉についてこう記されています。

素性やプロフィールをほとんど明らかにしない作家のこと。

逆を言えば、正体を明かさないことが、覆面作家(覆面漫画原作者)となります。

ですが、漫画業界には覆面作家(覆面漫画原作者)としてデビューし、連載途中や完結後に、覆面を脱いだ漫画原作者がいます。

この記事は、そんな漫画原作者たちを紹介します。

ー 目次 ー

『少年Y』ハジメ施川ユウキ

[まとめ買い] 少年Y

この作品は、別冊少年チャンピオンで連載されていました。

全8巻で完結済みです。

あらすじはこうです。

中学2年生の・栗原ユズルが転校先の教室で迎えた圧倒的絶望とは...!?

手にしてしまった神の権限。

今、少年に迫られる究極の選択!!

「命のランク付け」に焦点を当てた前代未聞のパニック・サスペンス!!

パニックサスペンスものというより、デスゲームものとして非常に面白かった作品です。

4巻の帯で「実はハジメは、施川ユウキだった」と原作者の正体が明かされました。

f:id:abilityeater:20191112185653p:plain

『少年Y』の原作者は、アニメ化もされている『バーナード嬢曰く。』の施川ユウキ先生でした。

正体が明かされた当時に高校生だった僕は、施川ユウキ先生のことを知らなかったので、「誰ッ!?」という疑問しか抱きませんでした。

ですが、その公表が施川ユウキ先生を知るきっかけとなり、僕は『鬱ごはん』を手に取るようになりました。

鬱ごはん 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)


また、ハジメが施川先生だったということは、施川先生の読者が、ハジメ名義で書かれた『少年Y』を手に取るきっかけにもなります。

原作者の正体を連載途中で公表することは、新たな読者に興味を持たせるきっかけとなり、売り上げを伸ばすことに繋がるのかもしれませんね。

『声優ましまし倶楽部』目黒ひばり→乃亜

声優ましまし倶楽部

この作品は、ジャンプ+で連載されていました。

全3巻で完結済み。

あらすじは、こんな感じです。

新人声優の真島いちはる。

好きなものは自分! 自分大好き!!

トップアイドル声優になってチヤホヤされたい褒められたい...

そんな熱い情熱(?)で夢に向かって歩き出す!

ちょいイタ系女子の声優青春4コマ!

正直、この作品はよくわからないです。

この作品は、声優漫画として連載されていたのですが、原作者は声優ではなく、AV女優でした。


当時は連載終了間近に、原作者の正体が明かされました。

原作者の正体に関して「なぜ声優漫画の原作者がAV女優なのか?」などの賛否両論が起こり、ネット上でプチ炎上しました。

覆面作家(覆面漫画原作者)を貫いていれば、炎上は起きなかったはずです。

『ミリオンジョー』十口了至→古屋雄作

[まとめ買い] ミリオンジョー(モーニングコミックス)

この作品は、週刊モーニングで連載されていました。

全3巻で完結し、実写ドラマ化も果たしています。

あらすじ。

最新巻の初版部数が500万部を超えるなど、数々の記録を更新し続け、多くの人々に勇気・希望・興奮を与える少年漫画の金字塔『ミリオンジョー』。

その作者・真加田恒夫が連載中に急死したー!

担当編集の呉井は続きを持つ読者のため、真加田の死を隠蔽し、自らが続きを書くことを決意する...!

作中の編集者が漫画家のふりをして書くという行為は、新手の覆面だと思います。

ドラマ化の決定とほぼ同時に原作者自身がTwitterで正体を明かしました。


正体を明かしたツイートは拡散され、漫画作品の売名・ドラマ化の宣伝に繋がりました。

また、古屋先生は『うんこドリル』の作者で知られています。

日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生

『うんこドリル』は、計算や漢字をうんこを通して学ぶことができるというものです。

『うんこドリル』の作者と『ミリオンジョー』の原作者が同じなんて、未だに信じることができないです...。

最後に

覆面を脱ぐことは、売り上げを伸ばすことに繋がったり、ネット上を炎上させて売名することに使えると思います。

あえて「覆面作家(覆面漫画原作者)」としてデビューし、話題作りのために計画通りに覆面を脱いでいるのかもしれません。


ちなみに、覆面の漫画原作者はまだいます。有名どころを、お二方ほど紹介します。

一人目は、『亜人』、『天空侵犯』の三浦追儺先生。

二人目は、『DEATH NOTE』、『バクマン。』、『プラチナエンド』の大場つぐみ先生です。

先生方が、覆面を脱ぐ日は来るのでしょうか...。