変態教師キャラたち

現代社会には先生なのにも関わらず性犯罪を犯したヒトがたくさんいます。

f:id:abilityeater:20200124004333p:plain


例えば、1千2百人にも及ぶフィリピン人を売春しまくっていた校長先生。

生徒に躾と称し首輪をつけて授業を行っていた塾講師。

生徒との性行為をネット配信し多額の広告収入を生んだ家庭教師などです。

彼らの所業は思わず「AVよりやべぇやん」と思ってしまいます。

あなたは、そんな彼らよりもスッゴイ変態教師がマンガにはたくさんいることをご存じでしょうか?

今回は、そんな変態教師キャラをまとめてみました。

 ー 目次 ー

下部(出典:『シグナル100』より)

f:id:abilityeater:20200124143053p:plain

ヤングアニマルで連載されたデスゲームマンガ『シグナル100』に、下部(しもべ)先生というキャラがいます。

彼は大学で心理学を学んでいました。

その心理学を乱用し、生徒に自殺催眠というある特定の行動をすると生徒が自殺をしてしまう催眠術を掛けました。

その特定の行動は、100個にも及びました。

生徒の行動心理を深く読み、自殺に追い込む行為は、変態そのものです。

 

安西教授(出典:『ne0;lation(ネオレイション)』)

f:id:abilityeater:20200124143618p:plain

週刊少年ジャンプで連載されていたサイバーサスペンスマンガ『ネオレイション』に、安西という大学教授がいました。

彼はAIを研究し、その一環でレミングゲームというユーザーを自殺に追い込むアプリを開発しました。

作中に、自分が手を下さずに他人が死んでいく様を想像して興奮をしているシーンがありました。

彼はその際に「人を思い通りに動かすのは愉快だよ!」と発言します。

支配欲の塊ですが、結局は自分自身で作ったAIに支配されていることに気づき、発狂します。

武重満(出典:『ハカイジュウ』より)

f:id:abilityeater:20200124144620p:plain


武重満先生は、月刊少年チャンピオンで連載されていたパニックモンスターマンガ『ハカイジュウ』のキャラクターです。

彼はヒロインの女子高生キャラが好きすぎます。

怪物になっても人としての意思を持ち続けられたのはヒロインの女子高生がいたからです。

死ぬ間際にヒロインの女子高生と結婚する夢を見ます。

尚、彼は怪物になる前の体育教師時代に愛の指導と称して少女にセクハラまがいのことを繰り返していました。

好意を寄せ続けるのも愛の指導だったのでしょうか?

蓮見聖司(出典:漫画版『悪の教典』より)

f:id:abilityeater:20200124145315p:plain

悪の教典』の聖職者・蓮見聖司先生。

漫画版の『悪の教典』は、月刊good!アフタヌーンで連載されていました。

彼は表では善良な教師を気取っていますが、裏では邪魔者を排除するという名目で生徒を事故や自殺に見せかけて殺します。

また、彼が教師になった理由は「理想の王国を作るため」です。

変態すぎます...。

 

神宮(出典:『ナリカワリ』より)

f:id:abilityeater:20200124150232p:plain

マガジンポケットで連載されていたサスペンスマンガ『ナリカワリ』に神宮先生というキャラクターがいます。

ナリカワリの設定で「他人にステッカーを張ると他人に成り代われる(※時間制限あり)」というものがあります。

彼は、バレー部の顧問。

それらを悪用し、彼は部活のリーダー格に成り代わり、女性マネージャーを犯します。

そのあとも平然とバレー部顧問を続けていました。

凄まじい変態さですよね?

 

最後に

まだまだ変態教師キャラはたくさんいると思いますので、随時追加していきたいと思います。