才能の食べ方

雑記の才能について

才能の食べ方

危険なゲームたち

プレイすると障害や致命傷を負ったり、ひどい時は死ぬかもしれないゲームをまとめた。

f:id:abilityeater:20210330134414p:plain

 

イヤホンガンガン伝言ゲーム

f:id:abilityeater:20210330135406p:plain

ルールはこうだ。

※複数人でプレイ

① すべての参加者がイヤホンを耳に入れ、大音量で音楽を聴く。

②その状態で”伝言ゲーム”を行う。

また、”伝言ゲーム”とは

あるグループが一列になり、列の先頭の人に、元となる一定の言葉(メッセージ)を伝え、

伝えられた人はその言葉を次の人に耳うちし、

それを最後の人に伝えるまで繰り返し、

最後の人は自分が聞かせてもらったと思う言葉を発表し、

元の言葉と発表された言葉が一致するかどうか、

またどの程度違っているかを楽しむ遊び。

のこと。


イヤホンガンガン伝言ゲームは、『ガキの使いやあらへんで!』で考案されたゲームを某YouTuberが、そう名付け、動画にしたことで瞬く間に拡散された。

簡単にプレイできるが、耳が聞こえなくなるかもしれない危険性がある。

失神ゲーム

※ルールは記事が消されるため掲載不可。

f:id:abilityeater:20210330144438p:plain

別名、失神遊びやチョーキング・ゲームとも呼ばれている。

正確な発祥は不明。

失神ゲームは、逮捕者や死亡者が出ている。

もはや、ゲームではなく犯罪/殺人行為。

スリルさを求めてプレイすると、一生取り返しが使いないことになりそう。

ベランダ・ゲーム

f:id:abilityeater:20210330145102p:plain

邦画『青い春』の作中のゲーム。

ルールはこう。

※複数人でプレイ

①ベランダの手すりの外側に立ち、手すりを両手で握る。

②「いーち」と言う掛け声に合わせ、手を一回叩き、ふたたび手すりを握る。

③掛け声の回数を1ずつ増やし、手を叩く回数も増やす。

④ベランダから落ちるまで繰り返す。

⑤最後に残ったひとが勝ち。

 

作中で不良グループが学校の屋上で度胸試しとしてプレイしていた。

怖気付き、3回程度しか手を叩けない、いや、叩かないのが普通のひと。

ベランダから落ちるまで繰り返すと訪れるのは致命傷か死。

そんなリスクを負ってまで、度胸試しはしたくない。

画鋲ワニワニパニック

f:id:abilityeater:20210330154836p:plain

YouTuberが考えたゲーム。

3つ道具が必要。

1つ目がイタイワニーというワニを模したおもちゃ。

2つ目が画鋲。

3つ目が両面テープ

イタイワニーのうわ口に両面テープで画鋲を貼り付けたら、画鋲ワニワニパニックの完成。

ルールは、画鋲ワニワニパニックの歯を押していき、口が閉じる歯を押したヒトが負け。

画鋲が貼られているため、負けた時に突き刺さるような痛みが伴う。

いちばん危険なゲームは人生

f:id:abilityeater:20210330151228p:plain

どんなに危険なゲームが生まれても、人生というゲームには勝てない。

死ぬまで終わらないなんて、人生はとんだ鬼畜なゲームだ。

早くクリアしてぇな。