才能の食べ方

雑記の才能について

才能の食べ方

外海良基のデスゲームマンガたち

f:id:abilityeater:20220303160519p:plain漫画家の外海良基(とのがい よしき)先生の作品にはデスゲームものが多い。

2022年現在、外海先生はデスゲームものに属す作品を5つ発表している。

外海先生は、デスゲームマンガ好きにとってありがたい存在だ。

▼『Doudt(ダウト)』

あらすじ。

密室で目を覚ました男女5人。

目の前には天井から吊された死体。

体には覚えのないバーコード。

犯人はこの中に!?

殺人ゲームが幕を開ける。

掲載誌 月刊少年ガンガン
巻数 全4巻

▼『JUDGE(ジャッジ)』

あらすじ。

嫉妬・怠惰・暴食・傲慢・強欲・色欲・憤怒。

七つの大罪を背負いし罪人に贖罪を。

死にたくなければ、代わりの生贄を選べ。

多数決による、殺人ゲームが幕を開ける…。

掲載誌 月刊少年ガンガン
巻数 全6巻

▼『Secret(シークレット)』

あらすじ。

修学旅行中、多くの命が奪われたバス事故。

心と体に大きな傷を負ったものの、一命を取り留めた男女6人の生徒達はカウンセラーによって日常を取り戻しつつあった。

カウンセリング最終日の衝撃の告白までは…。

掲載誌 月刊少年ガンガン
巻数 全3巻

▼『ヌイ狂ミ』

f:id:abilityeater:20220303144725p:plain

あらすじ。

巷を騒がせるバラバラ殺人を余所に待ち合わせ場所に中々現れない彼女が気になる少年。

彼女の妹と名乗る美少女から廃屋を使ったゲームに誘われる。

掲載誌 本当にあった心霊体験/めちゃコミック
巻数 読み切り(前後編)

▼『DEAD COMPANY(デッドカンパニー)』

あらすじ。

ある“特殊な経験”を持つ無職青年・亮介は、抜け殻のように生きていた。

そんなある日、巨大ゲーム開発会社「EDC」にスカウトされ……!!?

新次元のデスゲーム、開幕!!!

掲載誌 comicブースト
巻数 全3巻

▼『JUDGE(ジャッジ)』の映画版と漫画版は別物

中でも『JUDGE(ジャッジ)』は実写化されている。

出演者に、瀬戸康史有村架純佐藤二朗がいて豪華だが、役者の無駄遣いだと思う。

映画は漫画をそのまま実写化したものではなく、漫画の設定だけを借りて実写化したもの。

実際に見たが、映画はひどい仕上がり。いわゆる、原作クラッシャーが起きている。

1時間10分程度の時間を無駄にしてよければ見てもいいだろう。

個人的には、漫画だけを読むことを強くお勧めする。漫画の方が圧倒的に面白いので。

▼『JUDGE(ジャッジ)』には映画版のシナリオブックあり

映画は面白くないのでシナリオの部分は読み飛ばしてもいいと思う。

外海先生へのインタビューや漫画版『JUDGE』の後日談が収録されている点から副読本としての価値は高い。

外海良基のデスゲームマンガの共通点

外海先生のマンガは、綺麗な絵、ホラー的な演出、特に見開きの使い方が良い。

脱出ものホラーゲームをプレイしているようなスリル、 セリフのわかりやすさ、 次の巻を買いたくなるような幕引きのうまさがある。

うさぎの被り物は、デスゲームものに属すどの作品にも出てくる。

『JUDGE シナリオブック』のインタビューによれば、

ホラー&サスペンスものを書くならばマスコットキャラクターやアイテムが必要と思い、

13日の金曜日』に登場する“ジェイソン”をイメージ。

f:id:abilityeater:20220303225132p:plain

当時の自画像がうさぎだったことから、うさぎの被り物のマスコットキャラクターが生まれたとのこと。

外海良基のマンガを読む順番

読む順番はない。

うさぎの被り物をしたマスコットキャラクターは作品に共通しているが、 物語自体は繋がっていない。

ダウト、ジャッジ、シークレット、ヌイ狂ミ、デッドカンパニーは続編ではなく派生に近い。

興味が湧いた作品から読もう。

▼最後に

5つの外海先生のデスゲームものを面白さ順でランキング化してみた。

順位

作品

5位 『ヌイ狂ミ』
4位 『Secret(シークレット)』
3位 『Doudt(ダウト)』
2位 『DEAD COMPANY(デッドカンパニー)』
1位 『JUDGE(ジャッジ)』

個人的に『JUDGE(ジャッジ)』がいちばん面白いが、お気に入りなのは『DEAD COMPANY(デッドカンパニー)』だ。

『DEAD COMPANY(デッドカンパニー)』は、デスゲーム運営会社の話。

デスゲームのプレイヤー側ではなく、ゲームマスター側が描かれている。

デスゲームものを描き続けた外海先生ならではの発想だと思う。

もし外海先生のデスゲームものを手に取ることがあればランキングを参考にしてみてほしい。

www.abilityeater.com

www.abilityeater.com